ホーム>スタッフブログ>2011年1月

2011年1月

私の健康法 (食事)

(よい)食事 については、いろいろな考え方、自論があってまさに十人十色です。そこで、私が毎日実行していることを述べたいと思います。  朝の食事は、まず、野菜ジュースです。 大きめのミキサーに、野菜(トマト、キューリ、ナス、)、果物(バナナ、みかん、りんご、)等を入れます。さらに、たまごを加えて、果汁 100%のジュースで割って飲みます。 

これを、5年以上つずけています。ジュースにするので、新鮮な野菜や果物を充分に摂取することができます。これは、消化吸収されやすく 胃腸にとてもやさしいのでおすすめです。!

次に、朝ご飯は、玄米と胚芽米とをブレンドしたものです。 おかずは、納豆と大根おろし、味噌汁は必須です。 そして、お昼は、サンドイッチでときどき仕事の都合でぬくこともあります。

夜食は、そば か ラーメンで ごはんを食べません。 ですから、私の食事法は、朝食中心主義になってます。

健康法について(補足)

そして、私達に知らせるために、まさに、その身(み)を犠牲にして、わざわざアンバランスになってくれた身体の歪みを修正しておく必要があります。それは、次回また異常があったら正しい警告を発してもらわなくてはならないからです。 そのまま 長期間放置すると、もともとの正常な状態がわからなくなるからです。!

健康法について(公式)

健康の基本公式は、 健康=(健全な)生活習慣+(明るい)考え方

で成立します。  

(健全な)生活習慣=(よい)食事+(適度な)運動+(やりがいある)仕事+(深い)睡眠

 で構成されます。              

  そしてこの構成要素のどれかが不十分なことを、 身体が本人に知らせる手段が、病気や痛み なのです。気が付かないともっと重篤な事態に至るからです。ですから、私達は、病気になったり、痛み、がでたら 身体(からだ)さんに「ありがとう」 と感謝しなくてはなりません!怒るなんてとんでもないことです!それよりも、不足していることを改善する行動をすぐにとることこそが大切です。!                    

趣味について

☆ 

卓球 : 中学校、高校、と卓球部でした。大学のときは、クラブチームに入れてもらって

やってました。そして、40年近いブランクがあるにもかかわらず、昨年からまたはじめること

にいたしました。 体力の向上、健康の維持、増進が目的でした。また治療師として必要性

を痛感したからです。 ところが、その間の 卓球界の変化、進歩があまりにも著しくて、ま

さに 浦島太郎の状態になってしまいました。 今年、もう一度、再挑戦したいと思っていま

す。   体力や反射神経の衰えは、気力でカバーするつもりです! (お蔭様で 10ヶ月で

5 ㎏もダイエットできました)