ホーム>スタッフブログ>ちょっと一言…

ちょっと一言…

京都サンガ、トップで後半へ

j2リーグ戦(サッカー)が、昨日から後半戦に突入しました。

今年から、息子がコーチをさせて頂いております、京都サンガ、は

おかげ様で、この時点(22試合目)でリーグ戦のトップになること

ができました、ありがとうございます。

FC東京から京都サンガへ

このたび、FC東京U-18のコーチや監督として、約7年間お世話になりました、

息子の佐藤一樹が、今シーズンより、京都サンガのトップチームのコーチとして、

移籍することとなりました。

長い間、ありがとうございました。また、今後ともよろしくお願いいたします。

今年の干支(えと)

今年、2019年の「干支」(えと)は、「十干」では、甲、乙、丙、丁、…の 6番目の「巳」で、

「十二支」では、子、丑、寅、卯、、、、の、12番目の「亥」で、合わせて、「巳亥年」となります。

「巳」は、現状を維持する、守ることに徹すること、の意味があるそうです。また、

「亥」は、「猪」(いのしし)の意味があり、その肉が、万病を防ぐ力があることから、「亥年」は、

「無病息災」の年と言われています。

そして、「亥年」生まれの人の特徴は、「猪突猛進」と言われるように、真っ直ぐで、純粋な性格を

持っていることです。

これらを合わせて、2019年、を予想してみますと、「純粋な性格」のまま、「無病息災」の現状を

「維持」し続けることができる年になるようです。良い年になりそうですね!

 

身体の末端治療

このブログにも書きましたが、約一年前、卓球中につまずいて頭を床に打ち付けて、

首を痛めてしまいました。それ以来、まともに上を向くことができませんでした。

ですが、先日、手の指を治療していたら、背骨がバキバキとなりました。

それから、首が動くとともに、腰も楽になって、以前のようなランニングも可能に

なりました。身体の「末端治療」の効果にあらためてビックリしています。

「ひと呼吸」整体

いままで、「1分整体」という短時間で身体が変化する施術を行ってきました。

お陰様で、ビックリしたり、喜んで頂いたりていますが、最近さらに、バージョンアップして

「ひと呼吸」整体、をやり始めました。意外性がありますので、体験してみてください。

 

低温やけど

数日前、サッカーを観戦する時に、あまりに寒いので「くつ下に貼るカイロ」を

くつ下を2枚重ねて、その間の足の甲にはってみました。

ところが、観戦後に足を見てビックリ!です。「低温やけど」で水ぶくれになっていました。

本当は、足の裏にはるのが正しい使用法らしいです。

自分勝手な判断での行動が危ない!ことを、身をもって体験いたしました。

 

2018年は「戌年」(いぬ年)

「戌」は、十二支の、11番目で。本来の漢字の意味は、「一」と「ほこ」を表して、

作物を刈り取って、ひとまとめにするという、意味を持つことから。木が実をつけ食べ頃が

過ぎた後で、その実が本体の木を守る、ことから、「堅実」を表現するそうです。

また「戌」は動物の「犬」で表現されます。その特徴は、親しみやすい、献身的である、

勤勉で忠誠心が厚い、努力家である、などがあげられます。

また、子供をたくさん産むことから、安産の象徴として祀られるようになりました。

日本には「妊娠」5か月の「戌」の日に、安産の祈願をする風習があります。

今年、2018年、平成30年、が「堅実」で「安産」の年となることを祈願いたします。

 

高円宮杯チャンピオンシップ

12月17日、埼玉スタジアムで、高校年代最高峰のサッカー大会で、4609チームの頂点を決める、

「高円宮杯U-18チャンピオンシップ」が開催されました。

そして、延長逆転勝ちで、FC東京U-18チームが優勝することができました。これで、

今年も、夏の「クラブユース選手権」に続いて、年間 2冠を達成することが出来ました。

応援してくださいました皆様、本当にありがとうございます。

 

からだは正直です。

おととい、数年ぶりにゴルフに行って来ました。私の体が言うことを聞いてくれずに、

散々なスコアになってしまいました。

やはり、練習不足やメインテナンス不足の結果が出てしまいました。

改めて、体への日頃の、愛情の大切さが身に沁みました。

自分でする整体

一番身近な自分の身体なのに、興味や関心不足の人があまりにも多いのが現状です。

ですから、身体から信号が送られてくるのです。それが、痛みや、病気や歪みです。

無視は一番ひどい「いじめ」です。自分の身体にも「愛」が必要です。「自己整体」は愛情表現の一つです。

最近、身体に喜ばれる「自分でする整体」を発見開発いたしました。好評ですので、ぜひ、お試しください。