ホーム>健康インフォメーション

健康インフォメーション

8月季節概要

本来、私達は大自然の一部であり自然そのものです。故に、自然との調和なくして生きることはありえ ないのです。自然は季節とともに変化し、又、気象も変化します。そして、私たちの身体や生命エネルギーの流れ(気)もそれに合わせて変化して調和していく ことによって、はじめて健康は保たれるのです。
整体和(なごみ)療法はこの変化に対応する身体に調整することによって、その人が本来もっている自然治癒力を喚起させて元気な生き生きした健康生活に貢献することを目的としています。

 

≪8月≫8月から9月にかけては二十四節気の立秋と処暑の季節です。
・立秋(8/8~8/22)
・処暑(8/23~9/7)

立秋(りっしゅう)
まだまだ暑い盛りですが、暦のうえではもう秋です。

【症状】 【対処法】
食欲が無くなる 右の人差し指から肘までをていねいに揉む。
朝の腹痛 右のふくらはぎを伸ばすことと、
足の指の間から甲の部分をよくほぐす。
右肩のコリ 右肩の付け根と肩甲骨の間に蒸しタオル。
のぼせ、耳鳴り 足の裏全体を押して柔らかくする。


処暑(しょしょ)
残暑はあるが、朝夕は秋の気配が漂いはじめる季節です。

【症状】 【対処法】
冷たい飲み物やクーラーなどで
お腹が冷える
ヘソの上に手のひらをのせて温める。
右腰の痛み ヘソを良く温める。
結膜炎、目やに 肝臓の上に手をのせて手のひらで呼吸する。


●8月の腰椎と体の基本的な変化
・腰椎2番の動きが悪くなる。
・体を横に倒しにくくなる。
・消化器に変化が出やすい。

7月季節概要

本来、私達は大自然の一部であり自然そのものです。故に、自然との調和なくして生きることはありえ ないのです。自然は季節とともに変化し、又、気象も変化します。そして、私たちの身体や生命エネルギーの流れ(気)もそれに合わせて変化して調和していく ことによって、はじめて健康は保たれるのです。
整体和(なごみ)療法はこの変化に対応する身体に調整することによって、その人が本来もっている自然治癒力を喚起させて元気な生き生きした健康生活に貢献することを目的としています。

 

≪7月≫7月から8月にかけては二十四節気の小暑と大暑の季節です。
・小暑(7/7~7/22)
・大暑(7/23~8/7)


小暑(しょうしょ)
日あしは徐々に短くなるとはいえ、暑さは本格的になっていきます。

【症状】 【対処法】
喉が痛くなる 仰向けになり、足を広げ、止まる所で足首だけをふる。
足がだるい、つりやすい 左のわき腹をうすくつまみ外へひっぱる。
左側の座骨神経痛 半身浴をする。
ろれつが回りにくくなる 右肘の上の硬い、痛いところを丁寧にほぐす。


大暑(たいしょ)
もっとも暑い季節です。そして一年中で一番骨盤もゆるむ時期です。

【症状】 【対処法】
臀部上部の違和感、痛み 両手を腰の上に乗せて歩きながら腰を下に押す。
身体が重たい時は 腎臓の疲れ。
身体がだるい時は 肝臓の疲れ。
脚がだるい時は 腸の疲れ。こまめに汗を拭く。
胃のもたれ 頭の上左側寄りをブラシで1~2分軽く叩く。


●7月の腰椎と体の基本的な変化
・腰椎4番の動きが悪くなる
・しゃがみにくくなる
・骨盤の開閉の変化