ホーム>健康インフォメーション

健康インフォメーション

10月季節概要

本来、私達は大自然の一部であり自然そのものです。故に、自然との調和なくして生きることはありえ ないのです。自然は季節とともに変化し、又、気象も変化します。そして、私たちの身体や生命エネルギーの流れ(気)もそれに合わせて変化して調和していく ことによって、はじめて健康は保たれるのです。
整体和(なごみ)療法はこの変化に対応する身体に調整することによって、その人が本来もっている自然治癒力を喚起させて元気な生き生きした健康生活に貢献することを目的としています。

 

≪10月≫10月から11月にかけては二十四節気の寒露と霜降の季節です。
・寒露(10/8~10/22)
・霜降(10/23~11/6)

寒露(かんろ)
朝夕、肌にやや寒気を感じ始めるとともに秋が深まってきます。
子供や、体が敏感な大人は風邪をひくようになります。

【症状】 【対処法】
左側の呼吸器の痺れ おへその下の冷たいところに手当して温める。
おしっこが近く、排尿時に痛みがある おへその下を温めてから、仰向けでブリッジを作りお尻を上下させる。
朝の腹痛、下痢と夜中の目覚め 両足裏のへりをほぐす。


霜降(そうこう)
朝霜を見始める季節です。寝冷えに注意が必要です。
下半身がだるくなり、足場、脚湯の効果があります。

【症状】 【対処法】
体の節々やのどの痛み 風邪の始まり、汗を出すことが大切です。
味のついた汁を多くとるとよいでしょう。
ものもらいができたり、皮膚に違和感がある 右側腰のきわをほぐす。
後頭部の痛いところを軽くさする。
のどの痛み、下腹部の痛み 左手首を緩めて動かす。


●10月の腰椎と体の基本的な変化
・腰椎4番の動きが悪くなる。
・しゃがみにくくなる。
・泌尿器、生殖器の変化。

9月季節概要

本来、私達は大自然の一部であり自然そのものです。故に、自然との調和なくして生きることはありえ ないのです。自然は季節とともに変化し、又、気象も変化します。そして、私たちの身体や生命エネルギーの流れ(気)もそれに合わせて変化して調和していく ことによって、はじめて健康は保たれるのです。
整体和(なごみ)療法はこの変化に対応する身体に調整することによって、その人が本来もっている自然治癒力を喚起させて元気な生き生きした健康生活に貢献することを目的としています。

 

≪9月≫9月から10月にかけては二十四節気の白露と秋分の季節です。
・白露(9/7~9/22)
・秋分(9/23~10/7)

白露(はくろ)
秋も本格的になり、草の葉に露が白く見えるようになる季節です。

【症状】 【対処法】
左の手首や腕が冷えて動かなくなる 左肘をお湯で温めたり、手の平を押す。
右腎部の痛み 右太ももの裏側中央のほぐし。
咳が止まらない 右足首をぶらぶら振る。
左肩が痛い、太ももがだるい 両太ももをたたき、膝のお皿まわりをほぐす。


秋分(しゅうぶん)
この日から夜が長くなります。朝、洗面時に右側の腰痛が出やすい季節です。

【症状】 【対処法】
気圧の変化(風邪、血圧) 左合谷、親指と人差し指の間のツボをほぐす。
むせるような咳 首の筋肉、胸鎖乳突筋を上から下へ弛める。
血圧の変動 後頭部左側の痛いところを軽くさする。


●9月の腰椎と体の基本的な変化
・腰椎5番の動きが悪くなる。
・前屈がしにくくなる。
・呼吸器にに変化が出る。